質の高い睡眠に欠かせない室温

睡眠環境で大切な要素の一つ「温熱環境」。

温度・湿度を快適な環境に保つことによって、質の高い睡眠を得るということですが、この快適な室温を保つために「どのようにしたらいいのか分からない」という方は少なくないと思います。

 

まずは温度の変動を少なくすることをはじめてみましょう。それには外気温度の影響を受けにくくすることが第一です。

下のイラストは夏と冬において熱の出入りの比率を表してます。

 

netu.jpg

このイラストにあるように、熱の出入りが多いのは「窓」です。

夏は窓から73%も熱気が侵入し、冬は58%も熱が外へ逃げていきます。

窓の近くにベットを置いてある方は経験したことがあるかと思いますが、窓からひんやりした冷気を感じたことないでしょうか?

「コールド・ドラフト」といわれる現象です。

窓で冷やされた空気が冷気となって下に流れていきます。これによって実際の室温より体感温度が低くなってしまいます。窓の断熱性能によって起こることです。

室温が低い部屋で、特に寝ている間に冷気を吸い込み肺が冷やされて体温が下がりすぎ、睡眠の質が悪くなる、免疫力低下、風邪などひきやすくなるといったリスクがあります。

 

隙間があるカーテンやブラインドなどで防ぐことは難しいので、対策としてあるのは、窓をもう一つ

設けること、つまり二重窓です。室内側からもう一つ窓を付けることによって、外気の影響を受けにくくすることです。

内窓.jpg

「インプラス」は室内専用の窓。「内窓」とも呼ばれています。この窓を取り付ける事によって夏の熱気の侵入を防ぎ冷房効果を高める、冬はコールドドラフト現象を防ぎ、室温を保つ効果があります。

インプラスは室温を保つほかに、睡眠に欠かせない防音効果も期待できます。

↑上に戻る

お問い合わせはこちら